商品情報Products

ショコラーデ ファブリーク chocoladefabriek

●ショコラーデ ファブリーク(前身はリーケンベルグ社で知られる)は60年の歴史を誇り、長年の経験という遺産をしっかり受け継いで今日に至っています。チョコレートらしいチョコレートの持つ豊かな味わいを大切にしつつ、最先端の近代的な工場から製品は生み出されます。それゆえに弊社の製品は最高の味わいとお買い求めやすさを両立できるのです。

●クールカップのクリーミーな誘惑は茶色のカップに包まれています。
クールカップは1946年にピエット スィーア氏によって生み出されました。初めはホームメイドで、マーケットで彼自身が販売することから始まりました。
1949年には小さな工場をエダム市に構えるとたちまち大評判になり、初めはスィーアカップと名付け、オランダを皮切りに、のちに全世界へと躍進していきました。

●2018年にショコラーデ ファブリーク社によって製造ラインを引き継ぎ、改めてクールカップとして再登場。その名の通り”クール(かっこいい)”商品として認められるようになりました。今ではピエット スィーア氏の孫ジェローエン スィーア氏も同社で働いております。
クールカップのファミリーレシピを守りつつ、ヘーゼルナッツ、ジャンデューヤ、カプチーノ、ラテマキャート、ストロベリーなど、今では14種類の味を開発しております。今後もさらなる新しい味を求め、ショコラーデ ファブリーク社の情熱は止まりません。

ボタン